第6回復興地の今を物資配布を先日行った倉本さんのブログ記事からご紹介します。


復興地からの情報を現在も支援活動されている方々に聞いてみました。
復興地の今
テレビでは映らない、ラジオでは聞こえない、ネットの記事もない。
そんな状況下でも支援活動を継続している彼、彼女に質問してみました。
今なにが必要で、どうのうなことが大事かと。


第6回復興地の今を物資配布を先日行った倉本さんのブログ記事からご紹介します。
今回、国道45号沿線応援プロジェクトという復興支援を続けていらっしゃる、
メタルクリエートさんこと倉本雅通さんが先日2012年9月22日に亘理町の荒浜地区の在宅避難されて方向けに、
四日市運送の樋口さん、亘理町応援団との物資配布についての記事から引用させてもらっています。


今回チーム四日市の樋口社長とお話して、今後の事について協議しましたが継続するには資金的な部分がどこでも不足し重要で、
身を切る支援活動は限界が来ています。

しかしこういう活動を自己責任で自己完結される方が居られなくなれば、東北の被災された方々は、
ハンデを抱えたままで自分自身で何とかしなくてはなりません。
最近のあちこちの記事で、支援長者の話や不公平感に対してのひがみや妬みの記事も沢山ありますが、逆の立場ならどうでしょうか?
1年半で何万円かの義捐金を貰い、光熱費と食費を負担しながら新たに衣料や生活用品を揃えもう充分でしょうと言われたら、
それまでですが新たに新居を構えたり、
引っ越しの経験のある方は何もない所から1年半で全て揃え切れるのかを考えて欲しいと思うのです。

全て失くした所から一応の落ち着きが取り戻せるまでに、通常は3年程度の期間は必要ではないでしょうか? 
そこから安定するまでに更に2~3年は必要です。
私自身も同じ様な経験をしたので分かりますが、家財道具や寝具や食器・衣類を一から揃えるのは大変な労力と費用が掛かります。
1年半で解決出来る方々も少数派で、おられますが全てでは無い筈です。

そういう意味でチーム四日市さんも、モニョン村のたかしさんも、その他のNPOも東北の被災された方々にとっては、
継続して頂けないと困る存在だと思います。
震災の風化と言うか、一時の安定期に入っただけで東北は2度目の冬を迎えます。
こういう支援活動者に声援でなく、ご支援のご協力をお願いしたいと思います。

あくまでも自己満足で活動してますので無理にとは、お願い出来ませんが
ご支援にご協力賜れる方に再度お願いを申し上げます。

もちろん自分自身も当然の事として、来月には5万程度捻出しますが御協力下さる方々が一人でもおられて、
少しでも多くの金額をたとえ1回でも御願い出来れば1回の支援物資配布につながると思いますので、
何卒宜しくお願い致します。
2012年9月24日ブログ記事よりブログ記事より


コメント欄から「すいか」さん
読んでて考えることが沢山ありますね。
私が考えるっておかしいかも知れませんが、やはり両方を知っているつもりではいます。
支援をしてくださることの有り難さ。
支援を続けていくことの大変さ
ただ、ここに住み生活をしている私にとっては物資を大量に頂くことより、
少しでもいいから皆の生活していく中でこれを1つ頂いた分浮いたお金で食材が買える。
そういうことなんですよ。
だからメタさんの活動に凄く助けられています。
今の世の中にこんな貧乏な話しと思うかもしれませんが、少なくとも私の回りで生活をしている知り合いはそうですね。
履き物を一足頂いたから買わないですんだ。
その分オカズを買おうですから、有難いことです。
このようにして1年半経った今を生きています。
皆さんの温かい善意は、メタさん経由でこうして私達が助けて頂いてます。
落ち着くまではまだかかることと思うんですが、無理も言えないとも両方を考えています。
協力してくれる方がこの現実をどう感じてくれるかはわかりませんが、どうか、メタさんにお力をお貸し下さい。
私達が笑顔になれます


きずな47.ネットから
倉本さんには第2回の復興地の今の協力をいただいています。
1年半が過ぎましたが、いつのころから、支援物資についていいことを聞きません。
貰い慣れやら、妬みの話と様々耳にする機会が増えました。
多くの方は支援物資の配布に反対するような気がします。確かに民業圧迫/購買意欲とか考える方もいると思います。
言うのは簡単なことです。一度現場にいってみたら分かると思いますが、お店がないんです。
仕事すれば、賃金もらえるでしょと思うかもしれませんが仕事が少ないんです。
貯金切り崩しての生活の方がたくさんいるそうです。
最後にコメントの紹介をさせてもらった「すいか」さん自身、被災されているそうです。
なまの声を伝えたくてコメントくださったのだと思います。
2012年9月25日作成


Bookmark this on Yahoo Bookmark

コメントは受け付けていません。